肌質にあったクレンジングと洗顔選び

私は元々乾燥肌なので、乾燥がひどい時には粉を吹いてしまったり、頬に赤みが出てしまうこともあるので、乾燥肌用に保湿重視の化粧品を使っています。

ですが、気候や体調によっては、保湿重視の化粧品でスキンケアを行っても、肌の調子が悪いこともあります。

そこで、何が悪くて肌が乾燥してしまうのかを探していましたが、毎日、朝晩のスキンケアはできるだけ丁寧に行っていました。

でも、もしかしてメイクや汚れを落とすクレンジングオイルや洗顔が、肌に合っていないのかも思い、今まで使用していたクレンジングと洗顔をやめてみました。

そして、敏感肌でも使用できるクレンジングオイルと、洗顔パウダーに切り替えてみました。

オイルクレンジングは以前使用したことがありましたが、洗浄力が強いためか洗い上がりがかさつき、ツッパリを感じるので使うことをやめていました。

でも、洗い上がりが優しいクレンジングを使用するとメイクが落ちきらず、クレンジングをしても目の下がマスカラで黒くなっていることも多かったのです。

そのため、今までどのクレンジングが肌に良いのか、たくさんの種類を試してきました。

しかし、敏感肌でも使用できるオイルクレンジングは、メイクもよく落ち、洗い上がりも肌が乾燥しません。

なので、乾燥肌で多少敏感肌気味な自分の肌には最適だと思い、今も使い続けています。

一緒に購入した洗顔パウダーも、肌が突っ張ることなく、洗顔した後も潤いを残してくれるので、いつもセットで購入しています。

肌質は人それぞれですが、肌につける化粧品だけが原因ではなく、肌の汚れを落とすために使うクレンジングや洗顔が肌トラブルの原因であることもあります。

そのため、どんな肌質でも、自分の肌に直接つける化粧品の選び方は大切だなと思いました。

ちなみに、最近はマカが入っているハグクミの恵みというサプリも飲んでいますが、結構肌の調子がいい感じです。